中国・延吉より

日本での生活を卒業して、中国吉林省延吉へ引っ越してきました。ここから、今の普通の中国の暮らしをリポートしていけたらと思ってます。

泰皇島のこと②

泰皇島は北京と比べればのんびりした感じで、電気自動車が多く走っていたのが最初の印象。


安ホテルに落ち着いたものの、さて、どうやって、何を基準に住むところを探せばいいのか・・・


まず考えたのは物価、地理に詳しくないので安い市場の存在を知らなかっただけかもしれないけど、街の中心のマーケットだとか、露天の包子とか、まあ、色々な食材の値段は北京と変わらず、ちょっとがっかり、

こんな地元の人しか食べないような露天のもの、

市場の中の野菜だの肉だの、決して安くはなかった。

この季節はマンゴーが豊富で安かった。

美味しそうである

ある日の昼食は8元のゴハン8元は安いほうで、15元ぐらいは普通にする。

ペットショップもあり、犬鍋を食べさせる店あり・・・

この後も、各地で見かける電動バイク、免許いらずで乗れるという。

家を探しに行ったので、こういう貼紙には目がいってしまう。

映画館がある街・・・が住む街の条件だ。

大きな街だけど、夜8時には店も閉まり、シーンとなる。



にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村